file-zip

月単位でわかる!
積立投資の複利計算シミュレーション

DELI TECH

お久しぶりです。忙しいということを理由に記事を書くのが億劫になっておりました。
今回はWEBからちょっと離れて投資に関連する記事です。

私も個人事業主なので、将来のことを考えて資産運用という言葉に若干敏感です。
しかしまとまったお金を運用するというのはなかなか難しく、手軽に始めようとするとやはり積立投資あたりかと思います。
そんな時に積立投資における複利ってどんな感じに増えるのかなぁと考えるわけですが、検索しても指定年後に◯◯◯円になってますよとか結果しか教えてくれません。もちろんグラフの曲線を見れば増え方は想像出来るわけですが、私はそれだけでは満足出来ませんでした。

例えば30年後に◯◯◯円貯めるために年利5%で運用してるんだけど、今これだけ積み立てたけど評価額の変動もあるし、実際年利5%で積み立てた場合とどれだけ差異が出てるんだろうって知りたいわけです。

そこでExcelで1ヶ月単位に金額の推移を表示する一覧表を作ったのですが、「あぁ、じゃあWEBでもシミュレーション出来るようにするか」と思ったのがこの記事の始まりです。

複利計算シミュレーション

ざっくり説明しますと、以下にある入力項目の「毎月の積立額」と「年利」と「運用年数」を入力すると、月単位で運用資金の推移が金額として表示されます。

オプションとして、例えば年1回か2回、ポートフォリオのバランス調整目的やボーナスが入った際に追加投資する運用をしている人のために「特定月に投入する金額」という項目を用意しました。
これは人により運用開始月が異なるので、運用を開始して何ヶ月目にいくら入れるのか入力してください。(4月に積立を始めて8月にボーナス分10万円を月々の積立とは別に投資している人は5ヶ月目に10万という感じ。)

なお、計算するにあたり、小数点以下の端数は切り捨てで処理しています。
(エクセルの通貨書式は四捨五入みたいなので、エクセルで計算した場合と若干誤差出てきますが、切り捨ての方がある程度厳密かと思いまして。)

参考程度にこのシミュレーションを活用頂ければ幸いです。





あとがき

いかがでしたでしょうか。「住宅ローンの返済シミュレーションしたらなんか利子えらいことになってる!」みたいなことがあるように、その逆もしかりで、短期的に見るより長期的にみた余裕のある投資をしていきたいところですね。

ではまた。

page top